成人式の写真を前撮りする時の注意点

成人式当日は慌ただしいため、前撮りを選択する人もいるでしょう。しかし、事前の準備を怠っては、満足のいく1枚が撮れない可能性もあります。そこで、成人式の写真を前撮りする時の注意点について解説します。

・予約は早めに

前撮りの予約は、早い方が満足のいく写真が撮れます。その理由は、写真館やフォトスタジオでは振り袖のレンタルをしているところが多くありますが、レンタル専門店ではありません。同じ色や柄の着物には数に限りがあります。早めの予約をしなくては、自分好みの振り袖を借りることができません。
前撮りの予約は、できるだけ早めを意識するといいでしょう。
特に、10月から12月にかけての秋は、気候が良くて前撮りには絶好の機会です。汗もかきづらい季節でもあるので、屋外で撮る時にもメイク崩れを気にすることはありません。前撮りをするには最適の季節です。
予約をする時には、事前にふさわしい季節についても調べておくようにしましょう。

・自分の要望は正しく伝える

前撮りをする時には、プロによりヘアメイクをしてもらえるので、普段の自分とは違う雰囲気を出すこともできます。この時に大切なのは、自分の希望を正しく伝えることです。
お任せにしてしまった時に、出来上がったヘアメイクが気に入らなかったり、不満か残ってしまう可能性があります。
リップの色やファンデーションの色など、細かい部分でも、できるだけ自分が納得する色を選ぶようにしましょう。

・持ち物を確認

振り袖はレンタルだからと、なにも準備していないと、後で後悔することもあります。前撮りに出発する前に、持ち物をチェックしておきましょう。まずは、ハンドタオルのフェイスタオルを用意しておくといいでしょう。また、和装小物は写真館やフォトスタジオで貸し出しをしていますが、自分好みのものがあるとは限りません。和装小物で、使いたいと思うものがあったら、自分で用意しておくといいでしょう。

成人式の写真を前撮りで撮ってもらう時には、事前の準備により、写真のできが左右されます。